ダンディーハウス ダイエット

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

お腹をつまむ男性

ダイエットを行っていくうえで重要なのが内臓脂肪と皮下脂肪の違いです。

わたしたちが体脂肪といわれてまず連想するのは皮下脂肪、皮膚をつまんで感触を確かめることができる脂肪のことです。

しかし体脂肪にはもうひとつ、内臓脂肪があります。この脂肪こそメタボリックシンドロームの大きな原因であり、男性にとって悩みの種となるのです。

内臓脂肪とは文字通り内臓の周囲に蓄積した脂肪のことです。

体の内部に蓄積しているため皮下脂肪とは異なり、見た目に表れたり、触って確認することができないので自覚するのが難しい面もあります。

実際、メタボリックシンドロームの中には見た目はそれほど肥満に見えないにも関わらず内臓脂肪が蓄積しているケースが多いのです。

お腹だけポッコリと膨らんでいる人はとくに要注意と言います。

この内臓脂肪が要注意なのは肝臓に取り込まれやすく、その結果糖尿病や高血圧といった生活習慣病の原因となってしまう点です。

しかも女性よりも男性の方がホルモンの関係で蓄積しやすい環境にあります。

このように、肥満・メタボリックシンドローム対策の際には内臓脂肪と皮下脂肪の違いを把握した上で対策を行っていくことが重要です。

たとえばメンズエステでは内臓脂肪の燃焼を促すコースなども用意されています。

本来運動で解消する必要があるといわれるこの脂肪を、特殊な機器などで燃焼させることもできます。

お腹周りが気になる人、血圧や血糖値が高めの人はメンズエステで対策を行ってみてはいかがでしょうか。


メンズエステのダンディーハウス体験申込 メニュー